イトーヨーカドーとイオンの両方でポイントが3倍になるOMCカード

クレジットカードで買い物をする機会の多いスーパーと言えば、間違いなくイトーヨーカドーとイオンです。消費者は必ず、どちらかの店舗で食品や日用品を購入しています。

●セブンカード・プラス
イトーヨーカドーの利用でお得なクレジットカードといえば、当然「セブンカード・プラス」です。イトーヨーカドーやセブン-イレブンではポイントが3倍になり(200円で3nanacoポイント、還元率1.5%)、8の付くハッピーデーでは購入品が5%OFFとなります。

●イオンカードセレクト
一方、イオンでお得なクレジットカードは「イオンカード-セレクト」です。イオングループの店舗なら毎日ポイントが2倍になり(200円で2ときめきポイント、還元率1.0%)、毎月20日・30日は購入品が5%OFFになります。

●どちらのスーパーでもポイントが3倍
ところが、クレジット会社のセディナが発行している「OMCカード」はどちらの店舗で使ってもポイントが3倍になります(200円で3わくわくポイント、還元率1.5%)。そうなると、イトーヨーカドーでは8の付く日以外はセブンカード・プラスと同じ還元率となり、イオンでは20日・30日以外の日はイオンカード-セレクトよりお得になります。

また、1枚のカードでイトーヨーカドーとイオンで使えるため、月間の利用合計額における特典も得られやすくなります。

●毎月5万円の利用でポイントが2倍
毎月の利用合計額が5万円を超えるとポイントが2倍になります(還元率1.0%)。一般的なカードのポイント還元率は0.5%であるため、大きなメリットと言えます。5万円という金額も、毎月の水道光熱費やケータイ料金、食費などをカード払いにすれば決して無理な数字ではありません。また、毎月5万円を利用すれば年会費も無料になります。

しかも、OMCカードは年会費が1,000円でありながら、海外旅行傷害保険が自動付帯されており(国内旅行傷害保険は利用付帯)、ショッピング保険まで付帯されるという優れものです。

●その他のOMCカードのスペック
・年会費:本人会員1,000円(年間60万円の利用で、次年度無料)、家族会員300円
・国際ブランド:VISA・MasterCard・JCB
・ネットショッピングモール:セディナポイントモール