イトーヨーカドーとイオンの両方でポイントが3倍になるOMCカード

クレジットカードで買い物をする機会の多いスーパーと言えば、間違いなくイトーヨーカドーとイオンです。消費者は必ず、どちらかの店舗で食品や日用品を購入しています。

●セブンカード・プラス
イトーヨーカドーの利用でお得なクレジットカードといえば、当然「セブンカード・プラス」です。イトーヨーカドーやセブン-イレブンではポイントが3倍になり(200円で3nanacoポイント、還元率1.5%)、8の付くハッピーデーでは購入品が5%OFFとなります。

●イオンカードセレクト
一方、イオンでお得なクレジットカードは「イオンカード-セレクト」です。イオングループの店舗なら毎日ポイントが2倍になり(200円で2ときめきポイント、還元率1.0%)、毎月20日・30日は購入品が5%OFFになります。

●どちらのスーパーでもポイントが3倍
ところが、クレジット会社のセディナが発行している「OMCカード」はどちらの店舗で使ってもポイントが3倍になります(200円で3わくわくポイント、還元率1.5%)。そうなると、イトーヨーカドーでは8の付く日以外はセブンカード・プラスと同じ還元率となり、イオンでは20日・30日以外の日はイオンカード-セレクトよりお得になります。

また、1枚のカードでイトーヨーカドーとイオンで使えるため、月間の利用合計額における特典も得られやすくなります。

●毎月5万円の利用でポイントが2倍
毎月の利用合計額が5万円を超えるとポイントが2倍になります(還元率1.0%)。一般的なカードのポイント還元率は0.5%であるため、大きなメリットと言えます。5万円という金額も、毎月の水道光熱費やケータイ料金、食費などをカード払いにすれば決して無理な数字ではありません。また、毎月5万円を利用すれば年会費も無料になります。

しかも、OMCカードは年会費が1,000円でありながら、海外旅行傷害保険が自動付帯されており(国内旅行傷害保険は利用付帯)、ショッピング保険まで付帯されるという優れものです。

●その他のOMCカードのスペック
・年会費:本人会員1,000円(年間60万円の利用で、次年度無料)、家族会員300円
・国際ブランド:VISA・MasterCard・JCB
・ネットショッピングモール:セディナポイントモール

公共料金の支払いにも使えるセブンカードプラス

私は色々なクレジットカードを利用していて今1番利用しているのはセブンカードプラスです。nanacoカードを利用している人は絶対にセブンカードプラスのクレジットカードを使った方がいいと思います。

セブンカードプラスは、nanacoのチャージができてnanacoで買い物をしたらポイントが貯まるのはもちろんのこと、クレジットカード経由でnanacoチャージをしたらそれでもnanacoポイントが貯まるのでまずそこがいいです。クレジットカードのポイントはnanacoポイントになるので、クレジットカードのポイント、それに付いているサービスのポイントのようにゴチャゴチャにならずにひとつのポイントとしてまとまるので使いやすいです。

また、nanacoは公共料金の支払いが出来るのでセブンカードプラスのオートチャージという機能を利用すれば公共料金の支払いにもnanacoポイントを貯めることができます。

私がセブンカードプラスを申し込みをした1番はじめの理由はこの公共料金の支払いにも使えるというところでした。

もともとセブンイレブンやアリオでかいものをすることが多くてnanacoカードを使って買い物をしていました。その時にセブンカードプラスにしてクレジットカード経由でチャージをすればnanacoポイントが貯まることを知って契約をしました。

買い物が主にセブンイレブンやアリオが多い場合は支払いもクレジットカードにすることでポイントが2倍から3倍貯まるのであっとゆう間にnanacoポイントが貯まります。

公共料金の支払いで10万円ほど支払いがありオートチャージでnanacoにチャージして支払いをすればそれだけでもnanacoポイントが沢山貯まるので本当に便利です。

貯まったポイントをnanacoで現金化する時のワクワクがとても好きで毎日頑張っています。

買い物をよくするお店の関係しているクレジットカードを利用するとあっという間にポイントが貯まるのでセブンイレブンなどを利用する人には本当にお得に利用できると思います。

ヤフージャパンカードは手元に必ずおいておきたい1枚です。

私が絶対にお勧めをしたいクレジットカードはヤフージャパンカードです。その名前は幅広く知られていると思いますが、多くの方が想像しているよりもお得なカードなのでまだ発行していないと人は使う使わないは別にして発行しておくだけでもおすすめです。

とにかく入会時からお得なキャンペーンの目白押しです。

入会キャンペーンの適用時期にもよりますが、最大で8000円分の買い物ができるポイントがもらえます。私はヤフーのサイトでここ数年の状況を随時チェックしていますが、最低でも2000ポイントはもらえるようなキャンペーンは常時行っております。発行するだけで2000円分の買い物がただでできるだけでもすごいことです。

もちろん、こういった入会特典は他のクレジットカード会社にも少なからず見受けられるものですが、結構細かい条件がついていたりするものです。月に何万円以上購入が条件とか、もしくはポイントの交換に手間取ったりとかします。上限ポイントに達していないと利用できないとか、無条件で大量のポイントがもらえそうなキャンペーンかと思いきや、そういった場合は年会費がかるカードだったりします。ヤフージャパンカードは年会費はもちろん永年無料です。

肝心の審査についても、年収200万円台で当時パートだった私もなんなく通ったので、厳しくはないと思います。

正直ヤフオクや、ヤフーショッピングをあまり利用しないという方も、もし利用するかもしれないときに備えて持っているだけで充分だと思います。

今のご時世ですから、少しでも安くものを買うのにはネットショッピングが最適な場合が多々あります。年に数えるほどしか使わなくとも、その時にやっているキャンペーンがあれば、ポイントがざくざくたまるのでいざというときに備えて持っておくという方法もあります。ヤフオクやヤフーショッピングではたまったポイントが1円単位からすぐに使えるというのが最大のメリットです。

また、随時、会員向けにお得なキャンペーンをやってくれるのも見逃せません。私が今までで一番うれしかったのは、2か月ほどの期間、街中で利用するだけでポイントが3倍たまるというキャンペーンでした。還元率は通常1パーセントですから、3パーセントも還元されることになり、本当にお米や日用品を含め何から何までまとめ買いをしてかなりのポイントをためました。

MUJIカードは持っているだけでポイントが貯まるカード

セゾンカードの一つ、MUJIカードは、クレカ比較サイトなどでは、それほどメリットのないカードと言われることもありますが、持っているだけでお得なカードです。年会費はもちろん無料です。

まず、5月と12月、そしてお誕生日月の年に3回、MUJIショッピングポイントが500pt(500円相当)もらえます。有効期限は1ヶ月程度なので要注意ですが、ネットストアとMUJIの店舗のどちらでも使えます。無印良品週間に遭遇すると、全商品10%オフで購入できるので、MUJI商品をお得に購入できるチャンスになります。

MUJIカードは、クレジット利用1,000円でセゾンの永久不滅ポイントが1ポイント貯まるようになっています。1ポイントは5円相当なので、還元率は0.5%です。最近では還元率1%のカードが増えているので、あまりお得感はなさそう感じますが、使いようによっては持っているだけでポイントが貯まります。

MUJIカードを持っているだけでポイントが貯まる人は、ネット通販での買い物が多い人です。

セゾンカードの永久不滅ポイントサイトを経由して買物をすると、買い物先での決済には別のカードを使っても、永久不滅ポイントが貯まる仕組みになっているのです。クレジット利用と同じく1,000円で1ポイント貯まるので、還元率は0.5%。経由先での買い物には別のクレジットカードを使うと、そちらのカードでもポイントが貯まる、という仕組みです。

経由先には、Amazon、楽天市場、yahooショッピング、LOHACO、ZOZOTOWNなど、ネット通販の大手や、じゃらん、JTB、Expedia、Hotels.com等の旅行関係、そしてチケットぴあ等、幅広い通販サイトが登録されています。サイトを経由してヤフオクで落札した場合も永久不滅ポイントが貰えます。ほとんどの買い物でポイントが貯まると言ってもいいくらいです。

ポイントの交換先も、Amazonギフト券やnanacoポイント、dポイント等、使い勝手のよいものが揃っています。MUJIカードだけあって、MUJIショッピングポイントに交換する場合は、1000円分のポイントが1200円分になります。

ネット通販での買い物が多い私は、この方法で年に3000~4000円分のAmazonギフト券をゲットしています。通販サイトでは、もちろん還元率1%のクレカで決済しています。

Yahoo! JAPANカードのポイント還元率は、3%となるケースもあります

ソフトバンクグループの関連会社が発行しているYahoo! JAPANカードというクレジットカードは、ポイント還元率が高いです。まず、一般の商業施設などでYahoo! JAPANカードを使用したときでさえ、ポイント還元率は1%となります。つまり1000円分の買い物をすると10ポイント還元されます。

多くのクレジットカードのポイント還元率が0.1%であることを考えると、還元率の高さに驚かされます。

さらには、同じソフトバンクグループであるポータルサイトのヤフーが運営しているロハコや、ヤフーショッピングで買い物をすると、いつでもポイント還元率が3%となっています。つまり、1000円分の買い物をすると、30ポイントが還元されるのです。ロハコやヤフーショッピングでは、大手スーパーや他のインターネットショッピングサイトよりも低価格で商品が販売されており、そのうえポイント還元率が3%となるのですから、利用価値はかなり大きいといえます。

また、Yahoo! JAPANカードを利用することのメリットは、これだけではありません。税金や公共料金の支払い手段としてYahoo! JAPANカードを利用するだけで、ポイントを貯めることができるのです。

具体的には、誰でも使用する電気やガス、水道についてYahoo! JAPANカードで決済することが可能です。そして、これらの公共料金についても1%のポイントが付与されます。単身世帯でさえ、電気・ガス・水道の3つの料金で2万円近く支払っていると思います。これらの料金をYahoo! JAPANカードで決済するようにするだけで、毎月200ポイント程度付与されるのですから、メリットといえます。

そしてメリットは公共料金だけではありません。プロバイダ料金や携帯電話料金についてもYahoo! JAPANカードで決済可能ですし、国民年金保険料もYahoo! JAPANカードで決済することができます。日常生活で必要な支払いを、できるだけYahoo! JAPANカードでの決済に集中させることによって、毎月400ポイントや500ポイントを貯めることも可能なのです。

マイルが貯まって充実感抜群!ANAマイレージクラブカード

私が日常生活で愛用しているカードは、「ANAマイレージクラブ ANAカードワイド」です。

結婚して北海道に住むようになり、帰省や旅行に飛行機が必須となりました。その時、旦那のお母さんが電子マネーのEdyでマイルを貯めている事を知り、「ひょっとしてクレジットカードでお得にマイルが貯められるものがあるのでは?」と探して見つけたのがこちらでした。

カードを取得し、携帯代金や水道代、光熱費など月々で必ず支払うものをクレジット払いに切り替えました。また、ドラッグストアやスーパーでの買い物も、可能な限りクレジットで行います。こうすることで、日々の出費がどんどんとマイルに変わってゆき、旅行時の大きな足しになるのです!

我が家ではおよそ一年ほどで、北海道から東京まで一人が往復できる程度の料金に相当するマイルが貯まりました。航空繁盛期間には必要なマイルが1.5倍になってしまいますが、オフシーズンを狙って実家帰省をしたり、コンサートに行くために片道の航空運賃分だけマイルを使うといった場合には十分です。

家賃がクレジット払いにできれば良かったのですが、住んでいるアパートの支払いが銀行からの引き落としのみのため、クレジット化できませんでした。家賃もクレジットで支払える場合は、もっと多くのマイルがたまるはずです。

貯めたマイルを有効期限切れで無駄にするまいと、定期的に実家帰省や旅行の計画を立てるようになりました。そして旅行先でホテル代やおみやげ代をANAクレジットで支払うことで、またマイルが貯まります。私の夫はこれまでクレジットカードに懐疑的でしたが、旅行が好きなため、このマイルのシステムを導入してからANAカードが手放せなくなりました。

ANAのマイルはANAのショッピングの支払いや、Tポイント・Edy・nanaco・楽天ポイント等にも交換出来ます。これらのサービスを利用している方には、是非ともおすすめしたいクレジットカードです。

セゾンカードを取得する利点

セゾンカードは審査系の中でも、きびしめのところで有名です。女性タイプのようなイメージがあります。そして、有効的なポイントの仕組みに、不滅ポイントというものがあり、景品と交換できたりします。つまり、女子のお財布事情にやさしめの、ちょっとしたお得ポイント稼ぎに最適なのです。ただし、そのセゾンカードに関しては、審査の通りやすさで基準があるので、ショッピングクレジットとして、利用できるかどうかは、それぞれの裁量の結果となります。

クレカでポイントを貯めるには、公共料金や、ユビキタス品の支払いをカード経由で引き落としに指定することになります。これにより、ポイントのためかたを一極集中にさせて、ポイントを景品と交換する仕組みです。ポイント交換としても、やはり、ショッピング系のその価格の総合体系ではありますので、使用頻度に併せてたまる仕組みになります。

ポイントを稼ぐために、公共料金の高いものを、クレカ払いに一括請求にしてしまうのは、たいへんお得なやり方で、通常の支払いを振込用紙にしてしまうよりも、だんぜんお得になります。このために、公共料金の2~3を、一つのクレカに集中して口座落としにするやり方が、有効的なポイント獲得の手法になります。

そして、その引き落とし口座に関しても、その支払い期限が遅らせ払いにできるので、その決済時期の調整として、家計の負担を軽減させるという、支払い延期のテクニックが使用できます。その際、ショッピングクレジットでは、通常利息付ではありません。

ショッピングクレジットに関しても、ボーナス払いを含めた支払い方法を店頭で選べることになるので、支払い方法の仕組みについて調べて置いたり、決済のカード通しの際に、店員さんにチェックを入れてもらうなどの手法が可能になります。クレカをライフスタイルの便利な道具として使用することは、ひとつのステータスポイントして、快活な使い方をこころがけましょう。

ちょっとお勧めしたいお得なゴールドカード(セディナのOMCゴールドカード)

今回、私がご紹介したいクレジットカードのことについてまとめてみたいと思います。

私がお勧めしたいクレジットカードはセディナのOMCゴールドカードです。このカードにはJCB、マスター、VISAのいずれか一つを選ぶことができます。

ゴールドカードとしてきちんと機能しながら、年会費がなんと本会員は6千円(税込み6480円)。家族会員は千円(税込み1080円)と言う会費のリーズナブルさから、初めてゴールドカードを所持したいと思う方や、女性などにとても人気でお勧めできるカードです。

年間5万円(税込み)以上のカードショッピングを利用すると、わくわくポイントが2倍になったり、空港ラウジンでラウジンが利用できたりもします。

またハローキティからオリジナルクリスマスカードが届くサービスもあります。特に女性からは好評を得ているのです。

わくわくポイントは基本的にカードショッピング月間利用の金額が200円(税込み)ごとに1ポイントをプレゼント。貯まったポイントは各種のアイテムと交換ができて、有効期限は2年間となります。

実際にわくわくポイントの交換は、グッズ、食べ物、飲み物、商品券や旅行券などと交換が出来ます。

またセディナOMCゴールドカードを1枚持っていれば、旅行の際も安心の保険が付いています。

海外旅行の傷害保険、国内旅行の傷害保険、セディナ海外デスクの利用、会員限定のお勧めの旅の紹介が受けられます。

その他にもお徳が一杯で、例えば携帯させているキャッシング機能を期間中に初めて利用した場合は、7日間無利息になったり、セディナETCカードを発行した場合は通常版とキティちゃんのデザインと2種類から選べます(ETCカード発行時に手数料千円の支払いあり)

また相談無料のセディナメディカルコールの健康相談が24時間受けられます。健康に関する身近な悩みに看護師が対応してくれます。

セディナOMCゴールドカードは年間の利用料が50万円以上で翌日のポイント率1,2倍。100万円以上で1,3倍。200万円以上で1,6倍と使えば使う程にポイントが溜まるシステムになっています。

セブンイレブン、イトーヨーカドー、ダイエー、イオングループで毎日ポイント3倍で基本還元率が1,5%となるので、身近な場所で使い易いゴールドカードとも言えるのです。

ファーストゴールドカードを狙っている方には絶対お勧めなカードです。

年会費無料で高還元率といえばジャックスの「リーダーズカード」

クレジットカードはめったに使わないという人は、多くの固定費をカード払いに切り替えることで、年間1万円程度のキャッシュバックが受けられることをご存知でしょうか。実際、私もカード払いは何となく不安というタイプだったのですが、高還元率の「リーダーズカード」に出会って意識が覆されました。

「リーダーズカード」はジャックスカードが発行しているオリジナルのカードで、2018年の春までは「漢方スタイルクラブカード」というやはり知名度の低いカードを持っていたのですが諸事情によりそのカードは無くなり、「リーダーズカード」に変更になりました。

一般的な銀行系のクレジットカードで誰でも知っているようなものはポイント還元率が0.5%前後なのですが、「リーダーズカード」は約1.25%と非常に高還元率なのがおすすめしたい理由です。

1.25%というと些細な数字に感じますが、クレジットカードで支払える固定費は非常にたくさんありますし、各種税金なども支払いが出来ますので年間数十万円の支払いになるのが一般的です。たとえば年間50万円の利用額でポイント還元されるのが6250円です。50万円程度は電気や水道、電話料金や税金、人によっては家賃などの支払いに使っていればあっという間に達成できる金額です。

固定費を銀行引き落としにしている人は多いかもしれませんが、カード払いに切り替えることで年間これだけのポイントがもらえます。しかも、「リーダーズカード」の魅力はそのポイントを月々の利用額の支払いに使うことが出来ます。つまり現金キャッシュバックが可能になるので実質の値引きと同じという事になります。

同様に1.2%の還元率を誇る有名なカードがありますが、これは現金キャッシュバックは不可能で、系列店で使えるポイントとして付与されるものですのでサービスを利用しない人にとってはお得とは言えなないものです。

「リーダーズカード」は、使った金額の1.25%がキャッシュバックされますし、初年度は年会費が無料で次年度以降も年間30万円以上利用すれば無料です。そのためメインのカードとして使えば永久に無料にすることが可能となり、最強のカードと言えるでしょう。